コスプレ撮影に必要なもの(最低限編)

はてさてで、いざ撮影!となった時に一つの壁が道具の選定だと思います。
まぁ、カメラは何となく分かるとは思いますが、それ以外、特に照明関連はどんなもんなのか分からないですよねぇ…と言うか私も分かりませんでしたorz

てな事で、その辺を数回に分けて書いてみたいと思います!
ちなみに体験談ベースの話であり、真実かの責任は取りません←

 

で、カメラはなにがいいの?

初心者な方に割と聞かれるのが根本的な部分…そう、カメラのお話!
とは言え、何らかの拘りとかがあるなら色々制約もでますが、特に無いならザッくり言って

ここ4年以内のカメラ

なら、特に問題なく撮れると思います。
まぁ、ニコン1シリーズやペンタックスQシリーズみたいに、そもそもちゃんとした人物撮影に向かないカメラもありますが、余程古くなければ、ナンダかんだいけます。
レンズは明るければ(低いF値が選べるって事)それだけいいのですが、最初は標準ズームレンズで十分です!
ちなみに「撮るなら単焦点レンズですよね!」的なことをちょいちょい聞きますが、そんな事はありません!
確かに単焦点の方が明るく、同じ価格帯なら、ズームレンズより、ひとランク上な写りになりますが、初めは画角を選べるズームから始めるのをお勧めします。と言うか、あまり広く無いスタジオで、50mm単焦点での撮影は苦行以外の何物でもなく、全身なんてまず撮れません!加えて、コスプレ撮影の場合、背景の雰囲気をセットでレイヤーさんを撮る必要があり、そうなると位置関係が選び安い方が、数倍重要ですので、ここは性能より使い勝手を取りましょう!
当然、性能のいいズームレンズを持つのが一番ですよぉ…軽く10万はしますが。

んで、照明は何を揃えればいいの?

まず、室内(スタジオ)で撮影するならフラッシュは必須です!
…はい、入門レベルですでにフラッシュですorz
とは言え、この辺は、レイヤーさん次第、作品次第で、カメラの感度を上げてノーフラッシュもアリですし、その方が雰囲気を撮れたりはしますので、ダメって事はないです。ただ色乗りの浅い、余り綺麗ではない撮れ方をするのは覚悟して下さい…光が無いと綺麗には撮れないのです。

で、カメラにフラッシュ付けての撮影ならこちらが最低あると良いかなと

ちなみに私が初めて買った照明機材もコレですw
あとは

かな?とは言え、クリップオンフラッシュ(カメラに付けた状態のフラッシュの事です)での撮影は、何を付けたところで「フラッシュ炊きました!」な絵に成りがちで、何気に難易度高いですorz
なので、コチラを買うのも良いかなと思います。

まぁ、値段なりの強度、質感、使い勝手ですが、何も考えずにそれっぽい機材が一式買えるのは大きいと思います。
あとスタンドに付けるフラッシュという事ならコチラ

で十分かと…私は今だに使ってます。

とは言え、このままだとスタンドに付けたフラッシュは光りません!ただ、上のフラッシュは光スレイブ(別のフラッシュの光に合わせて、フラッシュが焚かれる仕掛け)に対応しているので、カメラ側にフラッシュがあれば、スタンドに取り付けたまま、遠隔で光らせることが可能です。まぁ、中級機より上だと内蔵フラッシュがない機種もチラホラですが、今回の対象範囲なら、まずついてると思います。
ただまぁ、この光スレイブがなかなかの曲者でして、いざ撮るとなると、もの凄く足枷になるんですがぁ…まぁ今回は最小限ですのでコレでw

ちなみに室外ならコチラ

とかを買うのも手です。とは言え、レフ板は色々難しく、アシスタント的な人が必要になるなど、お手軽とは言えません…レフ板が最高の照明機材なのは間違えなんですがね(´=ω=`)
まぁ、最近のカメラは何らか太陽光があれば、あとはどうとでもなる所はありますので、カメラに頼りきりもありっちゃーありですw

てな事で、

最低・最小装備をまとめると

・カメラ(新しめで、内蔵フラッシュが付いてるカメラ。メーカーはとりあえず問わない)
・レンズ(標準ズームで十分です)

[室内]なら
・フラッシュ(安物でOK。ただ、光スレイブなどの遠隔点灯に対応したもの)
・アンブレラ&スタンド(最悪無しでもいけますが、カメラに乗っかってるフラッシュ直焚きはかなり難しいです…)
・フラッシュ直付器具(無いよりマシですが、中々に難しいです)

[室外]なら
・レフ板(色々大変ですが、光の具合は最高です)

…本当に最低限です…はい。
とは言うものの、実際はコレ以下で撮影してる人はごまんと居るのが現実ぅ…と、それがダメだとは言わないのですがぁ、これぐらいわぁ、撮られる側の気持ちも考えるとぉ、あってイイのではないかなぁ…と思いますです、はい。

1件のコメント

Leave a Comment.