コスプレ撮影と世間一般の人物撮影の違いなお話

まぁ、あくまで私見ではあるのですが、

コスプレと人物撮影は違う!

…と、思っております、はい。
 

んじゃ、なにが違うと思うのか?と言えば、目指してるところが違うと思うわけでして、例えばグラビア撮影とかは、モデルさんをいかに綺麗に、忠実に撮るかが目標なわけで、演出的な光を除けば、違和感のないライティング、色合い、構図が目指すべき正解と成ります。
しかし、コスプレは対象のキャラクターになり切る事が目標なわけで、綺麗であることは大切ですが、モデルさんを、現実世界に存在する人間として、忠実に撮る事は必ずしも重視されなかったりします…。

と言うか、アニメや漫画は現実世界と違って、わざわざ書かないと影の出ない世界なワケで、また、そもそもアニメや漫画は二次元でして、対象物は立体ですらない…

なにを当たり前な!って感じですが(´=ω=`)

しかし、人物撮影において、立体感の確保は重要な要素で、その立体感を生む根源たる『影』の存在は、非常に重視される事柄なのですが、コスプレ撮影ではそれらが必ずしも必須条件にはなり得ず、むしろ顔に影が入るのを嫌うレイヤーさんは多くて、かつ、顔に影が無い方が、アニメキャラ的な視点で見ると見栄えが良かったりするのです…えぇ。

…まぁ、だから現実にはあり得ない、背景暗めな廃墟で、服装にも光の濃淡あるのに、顔だけ影がなく光がちゃんと当たってるなんてシチュエーションが許されると…

そんなの、違和感しかないんですがねw

でも、二次元のキャラクターって事なら別に不思議ではなく、故にそれが望まれるのがコスプレ界隈であり、それにあった撮影が求められたりするのがコスプレ撮影だったりするのです。

ちなみに、海外では割とフラッシュ炊きました!な写真が好まれるそうで、不自然かどうかよりも、綺麗かどうかが重視されるそうです…ようはコスプレと目指してるところが近いのが、日本以外の国々のトレンドって事です。

とまぁ、だからか如何かは分かりませんが、コスプレ撮影はそこそこやってて、それなりにアニメなりのキャラとしての人物撮影は慣れてるとは思うのですがぁ…普通の人物撮影は苦手ですorz
ポトレ苦手ですorz
ダメダメですorz

てなわけで、顔には可能な限り影を入れない!ともすれば白とびしちゃってるぐらいが望まれるのが、コスプレ撮影の世界だったりするわけで、そう撮る撮らないの判断はありますが、その辺の事は知っておいた方がいいですよ!と思いますです、はい。

ま、当然、撮る作品、撮られるレイヤーさんの好みにも寄りますけどね…。

Leave a Comment.