コスプレスタジオのお作法とか

さて、コスプレを撮るぞ!と成りますと、問題はどこで撮るかと言う事になります。
まぁ、一番手っ取り早いのはコミケやワンフェスなどのイベントに行って撮る事ですが、知り合ったレイヤーさんを撮るとかになれば、自ずとスタジオで!と言うお話に成ります。

ただ、普通に撮影スタジオなんて借りると、1時間で1〜3万程度はかかりますし、概ねシロホリ(背景が白い撮影環境の事)が基本となってしまいます(白い壁に囲まれたところだと光が回りやすく、綺麗に撮れるため、商業系撮影ではよく使われます)。
しかし、コスプレはキャラになり切る事も要件ですし、そうなると背景が白だけと言うのは非常に味気なくなります…そこで、近年増えてるいのが

コスプレ専用スタジオ!

…ま、ポトレ撮影OKなところもあるので、専用は言い過ぎかもですが、要するに、学校だったり、廃墟だったり、和室だったりと、作品内に出てきそうなシチュエーションを多数準備したスタジオと言う事になります。
 
とは言え、それぞれのブースは狭い場合が多く、家具や小物も散乱してるなどもあり、光環境は割と悪いですorz
なので、撮るにはいくらかのノウハウとかが必要だったりします。
 

コスプレ向けスタジオでの撮り方(機材編)

まず、シェア型スタジオのブースはかなり狭いです。大体4〜6畳とかが多いのかなぁ…まぁ、この辺はスタジオ次第てはありますが、雑居ビルを改装した所とかは、そりゃ推して知るべしよねと。
なので、50mmで全身撮るのはほぼ無理です!てか、初めてのスタジオ撮影とかになると「スタジオって室内で暗めだから、明るい単焦点を!」とか考え、大概の人が最初に買う50mm単焦点を主力にと考えがちですが

無駄です

まぁ、表現手段の一つとして持っていのは良いと思いますし、むしろ持ってって使え!って話ですが、主力にするのは相当な技量が必要になりますし、24mmスタートな標準域のズームレンズは絶対に持っていきましょう。持ってかないと全身が一つも撮れない、悲しいコスプレ撮影会になってしまいます。
ちなみに私はSONYの24-70mmF4で9割撮ります。

次に照明関係ですが、こちらは余り重装備にしてはいけません。
マナーのところにも書きますが、一つのブースを長時間占拠するのはご法度ですので、いつでも移動できる体制を取っておく必要があります。
まぁ、色んなシチュがあるスタジオなワケですから、レイヤーさんが「次はアッチのブースで撮りたい!」とか普通に言ってきますし、そこで「スタンド4つ立てて、準備もしたんだから動けない」なんて言ったらアウトです。
この辺は一般的なイメージにあるスタジオとは毛色が違う部分だと思います。
 

コスプレ向けスタジオでの撮り方(マナー編)

まず、シェア型ですので、スタジオのブースを占拠するのはご法度です。まぁ、誰も覗きに来ない、待っていそうにないなら幾らでも!って話ですが、待っていそうな人がいれば、切り上げて他に行くようにしましょう。時間については明確には言えませんがぁ…まぁ、30〜60分と言うのが一つの目安でしょうか?
 
次に、当たり前ですが、盗撮…と言うか、バーディーのレイヤーさん以外は撮らないように!たまにいるそうです、そう言う人(´=ω=`)
 
あとは、スタジオは汚さない!家具とか動かしたら元に戻す!コレ、割と守らない奴らが居て、本当に困ります。まぁ、完全に戻せとかは言いませんし、私もそこまでちゃんとはしてないかもですが、散らかした花びらぐらい片付けろ!椅子は戻せ!とは言いたいです。
 

関東圏にあるお勧め(?)コスプレスタジオ

最後に東京近郊にある

・撮影シチュエーションが複数ある
・シェア型
・利用料安め

なスタジオをいくつか紹介したいと思います。
ちなみに、あくまで私が知ってて行ったことがあるスタジオってだけでして、他にも複数存在します。
スタジオ選びの際は一度検索することをお勧めします!

Booty東京
http://bootyjapan.jp/tokyo/
東京駅から20分圏内

大島駅近くにあるスタジオです。
非常に綺麗で設備も行き届いており、冷暖房も完備!ブースは狭めですが、無難なシチュエーションのブースが多く、東京の中心からもさして離れてない事から、とりあえず迷ったらココ!で選べるスタジオと言えます。初心者にオススメ!
ただ、休日はスタンドが一つしか立てられないので、多灯撮影が出来ないなど、それでなくても暗めでキッツイ照明環境が更に悪化します…正直、私はブーティ嫌いです←あ
まぁ、良いスタジオか悪いスタジオかなら、間違えなく良いスタジオなので、単に私の趣旨趣向の問題と言えますが(´=ω=`)
 

ハコスタジアム東京
http://hacostadium.com/tokyo/
東京駅から50分圏内

南船橋にあるスタジオです…って、どこが東京なのよ!?
この手のスタジオには珍しく、商業施設の中にあり、ワンフロワー方式です(大概のスタジオは階層式です。なので、階段移動が必須であり、そう言う意味でも機材は絞る必要があります)。
全体的に狭いですが、コンセプトのしっかりしたブースが多く、何となく狭く感じません。
中世的なのや、和風的なのならココは非常によろしいです。神社のお祭り風や、RPGにありそうなダンジョン風はここのみの特権でしょうね。
 

プラネアール笹塚
http://www.planear.co.jp/
東京駅から40分圏内

新宿近郊、笹塚にあるスタジオです。
全体的にコンクリ打ちっ放しなブースが多く、また地下は廃墟風になっているなど、そう言う系の撮影をしたいならば、実質ココ以外選びようがないぐらいに特化してます。
ただ、冬寒く、夏蒸し暑いなので、色々対策要りますし、全体的にぃ…マナー悪い集団が多い気がする(´=ω=`)
まぁ、この辺はルールが比較的緩いから!と言う利点の裏返しでもあるのですが。
荒廃した感じが合わない作品で行くと、イイトコ無しなスタジオです。
 

aiRoute
https://ai-route.jimdo.com/
東京駅から50分圏内

五反野駅から徒歩10分ぐらいのところにあるスタジオです。
古い雑居ビルを改装した感バリバリなスタジオで、色々雑です。ただ、雑なりに色々撮影シチュを作ろうとしていて、多彩っちゃ多彩です…てか、行くたびにどこか変わってるw
スモークなどの特殊撮影にも理解があり、水撮影(下に水張って、バケツで水を掛けたりして、特殊な効果を出そうとする撮影です…難しいです←連敗中)も出来ます。
ちなみに関連スタジオでアイルーインと言うのがあり、こちらは荒廃した感じのシチュを望まれるなら割と良いです。
 

プロスタ
https://www.meikido.com/prosta/top
東京駅から30分圏内

池袋駅目の前!
初めて行った時は「本当にこんな一等地にスタジオなんてあるのかよ…」と思いました。まぁ、立地がいいが故に非常に狭く、シチュも少ないですが、割りかしセンスはあります。
お手軽、お気軽なスタジオと言え、混まない平日ならいいかもですが、休日混むと最悪です(´=ω=`)
 

CURAS川崎
http://hacostadium.com/curas/
東京駅から30分圏内

川崎駅近くの商業施設内にあるスタジオです。
結構狭く、また、他のスタジオのブースは部屋として、ある程度区切られてるのに対し、ここはオープンな感じです。
ただ、ここは大きな天井窓があるブースがあり、また時間や曜日に縛りはありますが、隣接する商業施設で撮影が出来たりします。そして、その商業施設がオシャレな施設でして、十二分に撮影に耐えれるレベルです!ま、実際CMとかドラマとかでも使われてますしね。
なので、天気さえ良ければ自然光で撮れる希少なスタジオと言えます。
ちなみに水撮影も出来ます。
 

studio 雫
http://studio-shizuku.com/
東京駅から30分圏内

スカイツリーから徒歩10分ぐらいのところにある、知る人ぞ知るスタジオです。
んで、何がそんなに有名なのかと言えば

水撮影特化

なスタジオだからです…まぁ、スタジオ自体が大衆浴場だった所を改修した感じなので、作った当初からそのつもりだったのでしょうがぁ…えらい思い切りの良いコンセプトですw
ただ、スタジオとしての狭さは断トツで、ぶっちゃけ水撮影以外なにも出来ません!
水撮影やるなら一度は行かねば!な聖地ですが、普通の撮影で行くことはまず無いスタジオです…てか、行ったらダメ。
ちなみに水中撮影(レイヤーさんがプールに入って横の窓から撮る的な奴です)が都内で出来る、希少なスタジオでもあります。

Leave a Comment.