多灯環境を考える【番外編】

どうもです!

今年1月に

今年はポートレートとかコスプレとか撮る!

逃げてたフラッシュ撮影と向き合う!

と唐突に思い、私的ポートレート元年と銘打って、月4ぐらいのペースで撮ってまいりました…が、撮る度に

ココがあかんかったんかなぁ〜

とか成ってみたりして、その都度

コノ機材あれば撮れたんかなぁ?

と、典型的な負け犬根性から、小出しで関連機材を買ってきたのですが、その辺をちとまとめつつ、自分への戒めと、後に続く方への道しるべに成ればなと思いまして記事にしてみました…レビューって程のものでは無いです。内容薄めです、はい。

 

まずは買ったもの一覧

 

  • 富士フイルムのフラッシュ EF-20 ★★
  • ユニバーサルリフレクター ★★★★
  • HAKUBA クリップオンストロボ2WAYディフューザー ★★★
  • スタンドとアンブレラなどのセット ★★★★
  • 中華製フラッシュ 二台 ★★
  • 中華製ラジオレリーズ 2セット ★★★★★
  • 角型のNDフィルタ ★★
  • テニスバッグ ★★
  • スタンドにレフ板取り付ける為の金具 ★
  • スタンドにホットシューを増築する為の金具 ★
  • フラッシュ用カラーフィルタ ★
  • D字型ブラケット ★
  • amazonの電池と充電器 ★★
  • 小さいスタンド2本 ★★
  • リング型ソフトボックス ★★

※レビューも何も無い小物は除外してます
※★は個人的オススメ度(5が最高)
 
って、

色々買いすぎwww

ダメでしょ、私(´=ω=`)

 

富士フイルムのフラッシュ

唐突にポートレート&コスプレ撮影をしよう!と思ったワケですが、そうなると内蔵ストロボのみというのは辛いし、何より失礼だなと思いまして、慌てて購入したのが、このフラッシュです。
富士フイルムが販売してるクリップオンフラッシュの中では一番安い代物で、マニュアル操作すらない、かなり簡素なフラッシュです。とは言え、富士フイルムのTTLは結構しっかりしてるようで、何も考えずに撮っても余程カメラ側の設定が無茶でなければ白飛びしませんし、この辺は頑張るなぁ〜と言う感じだったりします。とは言え、GM20だったり、上しか向けられなかったりと、安物らしい製品と言えば製品です…えぇ。
ただ、次のユニバーサルリフレクターとの組み合わせにより、結構中々な感じで使えまして、初期の急場は凌げたのかなとは思ってたりします。

 

ユニバーサルリフレクター

どんなものかと端的に説明すれば

中にフレキシブルな骨の入っている白い布

と言ったものでして、可変式のディフューザーと言った感じの代物です。
で、これが中々良くできていて、上にしか向けれないEF-20において、カメラを縦持ちした時とかも、何となく光の方向変えれたり、直射を制限する為の壁代わりに使えてみたりと、アイデア次第で結構色々出来る奴です。
とは言え、使っていくと、変形させる形は似たり寄ったりになるワケで、そうなると不必要なほどの自由度を持て余す事となり、また、中に入ってる骨(金属ですかね?)とそこそこの大きさから、それなりに重量があったりして、取り回しにちと難があったりします…とっさに形変えれないですしね。
なので、現在ではハクバの2WAYディフューザーにその役目を譲り、一線は退いてますが、スタンドで置いてるフラッシュに付けて使ってみたり、スポットフラッシュ的な使い方を想定して、筒状にしてみようかと考えていたりと、アイデア次第で何かと使える、1枚持っていて損はない商品かと思います。

 

HAKUBA クリップオンストロボ2WAYディフューザー

んで、上記の「自由度あるので良いんだけど、大概の場合はそこまでの自由度は要らないよね」なユニバーサルリフレクターから移ったのがこちらの製品。
ネット上の評判も良く、かつ、簡易ソフトボックスとしても、ディフューザーとしても使える為、汎用性もそこそこ。好き勝手出来るユニバーサルリフレクターに比べれば、自由度はかなり減りますが、この程度出来れば十分でしょ!と言う感じです。
んで、効果は中々。ソフトボックス的な使い方ではそれ程光は回りませんが、光は柔らかくなりますし、ディフューザー的な使い方だと、そこそこ光も回り、変形も容易で、軽く、取り回しもなかなか優れてます。
まぁ、値段の割に安っぽいとは思いますが…って、定価4000円台はボリすぎですよ!ハクバさん!ま、実売は2000円台ですし、その辺であれば割とオススメ出来るかなと。

どちらかと言えば、屋外撮影用であってスタジオ撮影とかでは余り意味のない商品かもですが、持ってて損は無いのかと思います。

 

スタンドとアンブレラなどのセット

5000円しないで、ソレっぽいセットが揃います!それだけです←

品質としては価格なりなんだとは思いますが、今の所壊れることもなく、ちゃんと用をなしてます。初めてな方には、色々考えなくても、それっぽいセットがイキナリ揃うので、良い選択じゃないかと思います!

 

中華製フラッシュ 二台

中華製の安物フラッシュです!
でもちゃんと光ります!←え

光スレイブには対応してますが、設定は光量調整のみと言う清々しいまでになにも付いてないフラッシュです。でも、そこが良い!
別に勧める様な代物ではないですが、とにかく数を稼ぎたいならアリな選択かなと思います。
…スタジオ撮影するなら、最低2灯は欲しいところですしねぇ…。
良いフラッシュで環境組んだら、光スレイブ前提でサブで使えば良いじゃないかと思いますし、無駄には成らないのかなと思っとります。

 

中華製ラジオレリーズ 2セット

私を自由にしてくれた商品!

本当にオススメ!
と、光スレイブは結局カメラ側のフラッシュ光が届かないと光らないわけで(当たり前)、ゆえに方向とか距離に制約あるのですが、体験する前は「まぁ何とかなるでしょ?」とタカをくくってたのですが、これがまた結構苦労する事する事orz
が、これを購入する事で、本当に自由に動ける様になり、初めて使った時は感動すら覚えましたw
とは言え、国内電波法的にアレな代物です…ダメちゃダメです。まぁ、そこまで電波届かないし、まぁ、なんつーか、その、えぇ、見逃しては貰えるのかなとか、まぁ、思うわけですよ、希望的観測で←
ただ、このお値段で多灯の無線環境を簡単に作れるのですから、駆け出しカメラマンは通らざるをえない道かと!つーか、

いきなり純正の無線多灯環境なんて組めるかい!高くて買えるかい!

そんな貴方の強い味方です!!
ちなみに光らせてくれるだけです。TTLとかFP発光とか、そんな便利なものはありません。あとチャンネルが一つしかない、流石の中華仕様でして、他に使ってる人が居ると混線しますorz
まぁ、この辺はそこまで電波が届かない特性が良い方向に出ていて、思った程混線経験はなかったりもします…みんなもっと良いの使ってるって事なのかな(´=ω=`)
※チャンネルありましたorz

 

角型のNDフィルタ

「多灯するなら日中シンクロ撮影もしたい!」と思い、そうならNDフィルタ買わないとね、となるのですが、しかし、レンズ毎の径に合わせたフィルタ買ってたら死んでしまうので、買ってみたのがこちらの角型フィルタ。複数のレンズ径に対応でき、半分のみのNDとかもついてます。
安いのにケースまで付いてるし、中々にお買い得!ただ、レンズとフィルタの間に空間あるせいか、光の関係で白ぽく写ってみたりと、まだまだ使い方が分かりません…えぇ、私の腕の問題ですorz

 

テニスバッグ

色々機材を買い始め、特にスタンドとアンブレラ買うと、その荷物をどう運ぶかが問題になってきます。
んで、初めはスタンド&アンブレラのセットに付いてたケース…って程ちゃんとしたものではないですが、それに入れていつものカメラバッグで持って行ってみたのですが、一回で挫折orz
コレは無理だと機材持ち歩き用のバッグを探し始めます。とは言え、カメラ用の大型バッグは相変わらず足元見たボッタクリ値段で買う気は起きず、ならボストンバックか?とか思うのですが、ここでふと

テニスバッグってやたらデカかったなぁ

と言うことを思い出します、えぇ、昔少しだけテニスやってましたw
で、調べてみるとそこまで高くなくかなりのデカさのバッグが売ってます!素材もそこそこ固めですし、これで行けるかな?と購入します…ま、後で楽器用のカバンにも大きいのはあり、デザインも黒のみとかあって、そちらの方が良かったかも?!とか思うことになりますがorz
んで、買って機材入れたのですが、まぁ余裕!カメラに至っては、小さいカメラカバンごと入りますw
そして、何より良かったのが

自転車に乗れる!

これ重要!本当に重要!
キャリーと違って上り下りにも強いし、周りへの迷惑度も低め。これは中々行けるのではないかと思います(`・ω・´)

見た目を除けばね←

 

スタンドにレフ板取り付ける為の金具

使うかなぁ〜と思い購入するも、まともに使ったことのない代物ですorz
まぁ、フラッシュ練習中なのに、太陽のご加護を最大利用しようとするレフ板はちと違うかもですね。とは言え、光を回すのには使えるわけで、今後は有効活用を模索しようかと思っております…スタンド増えたしね。

 

スタンドにホットシューを増築する為の金具

スタンド&アンブレラセットに付いてた該当部品はプラ製だったのですが、アッサリ破損。ダメだ、プラスチックじゃ!となり、こちらを購入します。理由は安くて取り付け部が金属だから!
今の所壊れそうな前兆なく使えてます。もう一個ぐらい買っとこうかな。

 

フラッシュ用カラーフィルタ

スモーク撮影の話が出て、色々調べていると

カラーフィルムは必須

との文字を見かけます。初のスモークなのに、そこまで要るかなぁ?と思うも、別の撮影の時に赤のフィルタ入れて撮ったら面白かった事もあり、思い切って買ってみたのがこちらです。
「百均で道具買って作ればえぇやん」って感じのする代物ですが、ケースあるし、20色のフィルム探すのは至難の技ですので、ここは折れることにします…安いし。
良いも悪いもって感じの製品ですが、スモーク以外でも使える場面はありそうですし、場所も取らないから買っておくのはいいのかな?とは思います。

 

D字型ブラケット

少しでも光軸からフラッシュを離したい!フラッシュの方向に自由度が欲しい!で購入してみました。
野外撮影で使おうかなと思っての購入ですが、特に野外撮影してないので、ほぼ使ってませんorz
今後、ポトレやる事に成ったら使う…のかなぁ〜と思っとりますorz

 

amazonの電池と充電器

多灯環境を組んで、問題になったのが、電池の問題。
とは言え、そんなに頻度に撮るわけでも無いし、しばらくは百均のアルカリ電池でいいやと思ってたのですが、もうかれこれ7年ぐらい使ってるエネループ以下の「お前はマンガン電池か?!」なアルカリ電池を掴まされて立腹!やってられるかと、充電電池購入を考え始めます。とは言え、最低8本、出来れば12本欲しい人間に取って、エネループで本数揃えると結構な出費となりますorz
そんなおり、amazonのバッテリーを見つけ、レビューみたら、どうやらエネループのOEMらしいと言う内容を見つけ、買ってしまいましたw
まだ、まともに使ってませんし、電池が切れるまでフラッシュを焚いた事も無いですが、充電できてない!とか妙に持たない…みたいな事は無いみたいです。

 

小さいスタンド2本

つい安かったので購入。
前々からフラッシュ地面直置きだと写り込んじゃったりし易いので、人の後ろなどに隠しやすくする為、少しだけフラッシュの位置を上げたいと常々思ってて、そんな時見つけたのがこちら…妙に安いので粗悪品かもだが、まぁ良いかと購入。
が、届いてみると割としっかり。まぁ、カメラを乗せようとは微塵も感じませんし、アンブレラつけたら簡単に吹き飛びそうな保持力しかないですが、想定よりは使えそう。
野外撮影時の簡易利用も想定しております…普通のスタンドは畳んでも長いから、持ち運び優先の時にいいかなとw

 

リング型ソフトボックス

ポトレのお約束!なソフトボックスです。
前に買おうと思うも、安かったやつが売り切れになり、そのまま忘却の彼方だったのですが、今度ブーティで撮る事となり、だとするとスタンド一本しか立てられず、んで、前回スタンド一本時に、手前からの光に悪戦苦闘したなと思い出しまして、なら前方からはソフトボックス使って散らしたらどうだろうか?でも、それなら買ったハクバの奴でいいか…なんて思いながらamazon見てたら、安いのが復活していて思わず買ってしまいました!←
んで、効果については直よりはいくらか広がるけど減衰がかなり大きい印象…なので、20分ぐらい試しに使ってみましたが、丁度いい設定を見つけられなかったorz
ただまぁ、広がる…と言うか、光が柔らかくは成りますし、サブのフラッシュとの位置関係を見直せばなんとかなるのかな?とも思うので、また使ってみたいとは思っています。
てか、使った感覚からすると手前で顔だけ明るくするのに使えばいいのかなぁ(´=ω=`)

Leave a Comment.