多灯環境を考える4

てな事で、勢いのまま、RF-603IIを購入してしまいました…今月金使い過ぎorz
まぁ、この前のコス撮りで光スレイブの限界を再確認してしまったので、致し方なしですかね…はい。

 
とは言え、買うまでが一筋縄ではいかないorz
アマゾンで買ったのですが、最初のショップが、購入手続き後3日経っても準備状態から変わらない…元々二週間ぐらいと書かれては居ましたが、かなりイライラ募るし、このパターンはかなり時間の掛かるヤツやぁ…。
そんな時、別のショップで次の日お届けと出てるところが出現?!

と、今回初めて気がつきましたが、あの到着日時って結構変わってるんですねぇ…売り切れや在庫数がちょいちょい変わるのは当然ですが、到着の日時もちょいちょい変わってるとは知りませんでした。まぁ、なので、これからRF-603IIやRF-605を買う方いたら、しばらく到着ステータス監視してから買う事をお勧めします。実際今回5日遅れで注文したやつが先に着いてますし…。
んで、次の日到着のショップに変更しようと考え、初めのショップをキャンセルするため覗きにいくと、ステータスが出荷済みになってたorz

ヽ(`Д´)ノ

とは言え、この日から中国発送(おそらく)だと、早くて10日は掛かるわけで、今月のメインイベントである廃墟撮影に間に合うか微妙な状況…で、当日ないとかなり困りそうな感じも。
…本当は一組買って、使用感とか、フジのEF-20が光るかとかを確認してから、もう一つ買おうかと思ってたのですが…が…が…

えーい、ままよ(グラサン男風

次の日お届けのRF-603IIをポチるorz

…動作するかも怪しい代物を見切りで二組購入とか…馬鹿だwww

そんなこんなで、後に買ったRF-603IIがこちらになります
 

 
ちなみにこちらはニコン用でして、先に買った奴はキャノン用です。まぁ、この両者に差らしい差は無いそうですが。
ちなみなちなみに、型番の後の【C1】とかは付いてるケーブルの種類みたいで、【C1,N1】が2.5mmピンの汎用ケーブル、【C3,N3】がキャノニコ独自の端子ケーブルぽいです(未確定)。

んで、箱から出して、電池ケース開けて単四電池である事に慌てるも、たまたま家に4本有ってセーフ!ケーブルも付属してるのは、片方がニコン用(?)と思われる四角い端子で使えないものの、両方2.5mmピンの奴が家に有って、こちらもセーフ!
じゅ、順調だぜ(白目
※X-T10の場合、本体のレリーズ端子が2.5mmピンで、RF603も接続端子は2.5mmピンなので、両方2.5mmピンのケーブルが要ります

そんなこんなで、カメラにラジオレリーズを取り付け、もう一方には先日買った中華製フラッシュを取り付けて、祈るような気持ちでシャッターを切る

光ったw

次に中華製フラッシュを富士フイルムのフラッシュEF-20に交換し、またしても祈るような気持ちでシャッターを切る

光ったww

よっしゃー!!
って、汎用の互換端子使っての接続だから当たり前なのか…
 

 
まぁ、TTL非対応ですので、いつでもどこでもフル発光ですし、このままではバッテリーの持ちも含めてなかなかですが、これで遠隔ストロボ二灯環境完成…にはもう一組届いてからかorz
でもまぁ、EF-20にラジオレリーズ付けて、中華フラッシュを光スレイブで発光させれば十分ですし、これでカメラのフラッシュ光が中華フラッシュに届くかなぁ?みたいな事を気にしないで動き回って撮れる(感涙

あとはα7で使えるのか?ですかねぇ…いや、使えるのは分かってるのですが、ケーブルの種類がイマイチ分からないorz
どれなんだろ…。

Leave a Comment.