いよいよと言うか、やっぱりと言うか【買い換えを考える】

うーーーーん


 
と、たまにこのブログを見られてる方ぁ…が居るのかは分かりませんが、私、かれこれ3年近く

α7に乗り換えるかどうか

で悩んでおります…えぇ、つまり、発売当初からです。
んで、カメラやってればフルサイズに憧れみたいなものは持つわけで、実際の画質はともかく、一度は持ちたい!と思うわけです…思うよね?!
ただ、性格的に一眼レフのフルサイズカメラなんて買ったら持ち歩かないのは見え見えですし、最近はご無沙汰ですが、私のライフワークである野良猫撮りの場合、常時持ち歩けるサイズと言うのは割と重要な要素だったりします…何処で出会えるか分かりませんからね。

そんな中、登場したのがα7シリーズ!フルサイズなのに小さい!正に救世主!

なんて思った時期が僕にもありました(遠い目

で、1世代目の機種はシャッターの音と押し心地が生理的に無理&当たり前だけどレンズがない!で取りやめ。
その後、レンズが増えるたび、新機種が出るたびにフラグは立つものの、ソニー自身がハジからフラグを折っていく始末で、私が求める理想を外見上体現しているカメラのハズなのに、結局α7が出てからだけでも、E-M5→GX7→E-M1→X-T10と買い換えるハメになっております…どうです?凄いでしょ?ソニーって会社のダメさ加減?←コラコラw

んで、考慮から外れる最大の原因は

レンズラインナップ

なワケです…。
てか、ソニーのフルサイズEマウントって

高い!性能微妙!ライナップの揃え方が行き当たりバッタリ!

でして、所詮家電屋か?!と言いたくなるグダグダぶりを示しております…おかしいなぁ…同じミ◯ルタの遺産を奪い合ったパナソニックは割とマトモなのになぁ…やはり、社風?

てか、褒められるレンズがアホみたいに高い単焦点だけで、マウントを売るのに重要なズームレンズが、Gレンズの70-200mmF4以外低評価連発とかですから…まぁ、高くても高性能ならまだしも、高くて性能はキットレンズに毛が生えた程度とか馬鹿かよ!せめてフルサイズの性能引き出せるレンズにしろよ!

そんなボヤキと、ソニーと言う会社への絶望感を持ちつつも、自己の性質考えて、現状持ち得る唯一のフルサイズカメラ、α7への興味は尽きなかったワケです…本当、シグマかタムロンかペンタックス辺りが事業ごと買い取ってやってくれないかなぁ…正直ソニー製ひんなんかかいたくなぁ(ry

ゲフンゲフン

そんなこんなで、去年秋の京都旅行の際も、散々悩んだ挙句、富士フイルムのX-T10への買い換えとなりまして、現在に至るのですが、富士フイルムの頑固さと若干の時代錯誤感に個人的に疑問を持ち(買い換え当初からありましたが)、また、ナンダカンダでシグマ様がFEマウントにレンズを供給してくれる!と成った事から、

いよいよ買い換えるかな!

と…長かった、本当に回り道した←
それもこれも、馬鹿ソニーの(ry

とは言え、シグマ様のマウント変換アダプターの価格や発売日は見えず、AF-Cの性能も、AF-Cが動くのは確認しましたが、まだまだ未知数…まぁ、富士フイルム以下って事は無いような気もしますが。
あと、最近は

私的ポートレート元年

として、撮影してるワケですが、その際重要なフラッシュをどうするか?と言う問題もあります。まぁ、フラッシュに関しては富士フイルムより、ミノルタの遺産があるソニーの方が遥かにマシなんですがね。

とか何とか、マウントごとの引越しとなりますので、予算的な問題で躊躇中って感じです…α7IIと70-200mmF4とシグマのマウントアダプターと24-105mmF4にフラッシュまでは想定に入れないとダメですからぁ…あぁorz
X-T10の呪い…と言う名の分割払いが終わるまでは何ともですかねぇorz

あぁ、お金が欲しい(α7IIの現物支給でも可)。

Leave a Comment.