XF18mm F2買いました…が←

唐突な話ですが、個人的に「カメラ撮る様になったなぁ〜」と思う切っ掛けとなったレンズが、たまたま買ったOLYMPUS 45mmF1.8でして、そのレンズを付けっぱなしで野良猫ばかり撮っていたのが、カメラ趣味の原点だったりします。

 
その後、別の被写体も!と、何故かお祭り関係を撮る様になり、ハロウィンを撮り、よさこいを撮り、サンバを撮りぃ…とドンドン望遠を必要とする被写体ばかりになっていき、ふと気がついたら広角使うと「世界ひろ!何撮りゃいいんだよぉ…」と困惑する様な人間となってしまいましたw

ただ、24mm付近を使わないワケでもなく、また、去年の京都に向けて久々に標準ズームばかりを使う時期があった為か、『50mmが広角だよ病』は完治したぁ…かなと←
少なくとも50mmでスナップすると「ちと狭いな」と感じるぐらいには真人間になりましたw

そんなこんなで、『2〜30mm台のスナップ』と言う、前々から興味のあった"真っ当な"撮影にも興味が出始め(今まではボケないとか何とか言って逃げてた)、ならばお手軽な広角単焦点を買おう!と思ったワケです。

んで、オールドレンズ?とも思ったのですが、マップカメラのポイントなら懐ろ痛めないで買え、しかし、マップカメラは高めなコンタックス系レンズしかオールドレンズの品揃えがなく、ならば安めな富士フイルムの単焦点でいいかと…そんなこんなで、選択肢に上ったのが

・XF18mmF2
・XC26mmF2.8

の二本…とは言え、XC26mmは完全にXF18-55mmF2.8と画角が被る上に、XF18-55mmの写りは下手な単焦点より優れておりまして、評判そこそこで小さいけど、あくまで廉価シリーズなXC26mmを選ぶ必要を感じず即却下。
「ならXF18mmだね!」となるワケですが…こちらはすこぶる評判が悪いorz
富士フイルムのレンズラインナップの中で唯一

ダメレンズ

の称号を冠されたレンズで御座います…えぇorz
なので、悩んだのですが、明るめだし、小さいし、どうせ絞るしと、まぁ買ってみるか!となったワケです。

んで、マップカメラで購入し、お店で付けて、外に出て新宿の街並みを試しに開放で撮った瞬間

なんじゃこりゃ〜

撮影後に一瞬表示されるプレビューの時点で分かる周辺の流れwww
慌てて撮った画像をカメラで確認すると…

盛大に周辺が流れておりますΣ(゜Д゜)

…オールドレンズも何本か使い、主にm4/3とは言え十数本のレンズを使ってまいりましたが、ここまで周辺画質の悪いレンズを僕はまだ知らないorz
拡大して見ると中心から外側に向けて規則正しく像がブレてるorz
挙句片ボケ個体ぽくて、左側の流れが凄まじいorz

被写体が全力で画面外に逃げようとしている…のか?

と言いたくなるブレっぷりです…えぇ。
そんなこんなで撮りながら帰ったのですが、出てくる絵は酷いの一言w
よくコレ発売したよね…ってレベル。
てか、Xマウント1世代目レンズなので「ラインナップに広角は必要だから発売日に間に合わないとダメ!」で無理くり作ったのかなぁ?と邪推したくなる感じです。

とかなんとか

酷評してますが、なら気に入らないのかと言われるとそうでも無かったりして、なんかもう愛すべきダメ野郎と言うか、個性強すぎな変態と言うか、なんとも不可思議なレンズで、ある意味私がオールドレンズに求めた(想像した?)モノがココにあったりします…って、それじゃダメだろ!富士フイルム!
21世紀に出たレンズが40年前のレンズに負けてどうするよ!

とまぁ、このレンズはこう言うレンズとして作られたんだろうな…とか思ったりはします。周辺解像力弱目で、中央の立体感を偽造しようとした…みたいな?昔はそう言う手法もあったとかなんとか見たような気がするし←
てな感じで、糞レンズであると言う評価は変わりませんし、Xマウントユーザーは絶対に買ってはいけないレンズですが、個人的には愛すべきダメ野郎な感じで、無くはないかな?と思ってたりします…早々に下取り出しそうだけど←

 
▪︎作例


少し絞ってますがやはりボンヤリ
 

左側がボケてますね
 

全力で逃げる周辺の被写体w
 

Leave a Comment.