まぁ、自業自得なんですけどね【富士フイルムに修理出しました】

X-T10を修理に出しました!
そして、返って来ました!
そんなお話ですorz

 
んで、買って半年経たないのに何故に修理かと言えば…

マウント周りを焼いちゃった(テヘペロ

から…その時の状況がこちら…
 

 

ぎゃやぁゃやああゃやああぁ

な感じですorz
で、何故こんな風に成ったかと言えば、そりゃもうオールドレンズのせいだったりします…えぇ。

んで、タクマー50mmF1.4入手後、嬉々として使っていたのですが、その中で秋桜撮りに行ったわけです。で、逆光を積極的に入れた写真とかも撮ったわけです…透過光の花は綺麗ですからね。
その時撮った写真がこちら
 

 

 

 

よく写ってるでしょ?

これが40年前のレンズだと言うのだから凄いの一言です。
ただ、この撮影途中にレンズを変えてる際に異変に気が付き、唖然とすると共に、前に聞いたレンズ焼けかと思ったわけですorz
まぁ、保証外使用ですし、レンズの特性考えれば、純正でないレンズがナンかモウ、軽くソーラーレイになるのもサモアリナンですし、自業自得ですので、ここはもうしくしくと受け入れるしかないわけですがorz
ただまぁ、不幸中の幸いで、撮れた写真自体には影響はなかったようで、
もういいや!このままで!
とか思って使ってたワケです。

そうです!ここ最近の私の行動の中心!

京都旅行

が決まったのです!
そしたら貴方、不安要素は一つでも潰しておきたいですし、京都前にカスタマーセンターで見てもらえると思えば、もうコレハコレデいいやと(若干投げやり

で、文化の日(3日)に出しに行ったわけですが、ここで修理終わるのが16日ぐらいと言う衝撃の事実が告げられます!?
え?なに?2週間かかるの?!
いや待て!それはいくら何でも掛かりすぎだろ!!
オリンパスなんて、シャッターユニット交換でも4日で返って来たぞ?!

ただまぁ、こちらも1週間前後は想定してましたし、なにかあったら困るので余裕をみた修理出しをしたつもりですし、そもそもこちらに選択肢は無いわけですから、ビックリしつつも出す事にしました…まぁ、「そんなにかかるの?!」と抗議(?)をして13日までにはなんとかぁ…としてもらいましたがorz

そんなこんなで、10日ほどカメラが手元に無いと言う、ここ3年に無かった状態に突入!
順当に『カメラが無い時に限って撮りたい被写体に会うの法則』も発動し、のたうち回っておりましたorz
てか、今回の件で、カメラが無いと行動動機がかなり薄まる自分に気がつきました…もう、生活の、人生の一部ですねorz

そしたら6日の昼ぐらいに留守電に「富士フイルムです。修理完了しました」とか入ってる?!

ヽ(´∇`)ノ

とは言え…納期10営業日と言っておいて、3営業日で終わるとか、納期管理もまともに出来んのか?!と、なんつーかモヤモヤしたものを感じてしまいました…。
いや修理に時間かかるのはいいのです…ある程度はしょうがない。ただ『今週中には終わります』と『再来週です』では天地の差だし、今回はやらねばならぬ事情もあったし、「まぁ1週間?10日はみとくべき?」ぐらいな余裕ある行動だったからいいのですが、そうでなければ修理を止める動機には十分な差だし、修理諦めて無理して別のカメラを買う必要に迫られる可能性もあったわけだし、この申告納期と実納期の違いはユーザーに対して不利益を与えかねない差だと思うのですよ…。

まぁ早くなる分には問題は無いですし、それは当然に有難い話しなのですが、オリンパスの有言実行!神速対応(私の「どのくらいで修理おわります?」の問いに、「えっと、今日中に工場に届けますのでぇ…」と、ポカーンとする様な事を平然と言ってのけましたからね、オリンパスは。あと故障原因の特定も的確かつその修理の平均期間や修理部門の混雑具合も一応把握してたっぽい)を知ってる身としては、このサポート体制はどうなんだろ?と思わずにはいられません…。
そんなこんなで、若干のモヤモヤ感ありつつも、x-t10は復帰し、着実に京都シフトを完成させていくのでありました!!

もうこのまま富士フイルムで京都いくよ!あぁ、いくよ!←

Leave a Comment.