ここまでは想定の範囲内【α7II】

Sonyが海外で、α7IIに非圧縮RAW機能を追加しAF性能などを改善する新ファームを発表しました。
http://digicame-info.com/2015/11/7-ii-raw.html


 

>Aマウント用レンズでより高速でより正確な
>像面位相差AFを可能にする

まぁ、想定としてはありましたが、あのソニーが釣った魚に餌を与えるかは賭けでしたねぇ…とは言え、富士フイルムはこの辺で信頼を勝ち取り、オリンパスも株を上げてますし、現行品の延命に一役買ってることからも、恐らく売り上げにも幾らかの貢献をしてるのでしょうから、それを見て金の亡じ(ry

ゲフンゲフン

と、とにかく、あのソニーならば、その方針を変えうるのかもとは思ってました…カメラ機能をアプリ形式で買わせてる企業からは想像付きづらいですが(嫌味

しかし、富士フイルムは現代のカメラの歴史に対して、様々な形の偉業を成し遂げたんだなぁ…凄いよ、あんさん。

とは言え、キャノンレンズがストレスなく動く!とかなら即戦力で変えるか?!とか成りますが、現状Aマウント止まりですし、んじゃAマウントが救世主たりえるか?と言えば「金を積めばいい単焦点レンズはある」「ズームレンズは総じて微妙。特に周辺画質がいいレンズなんてあるの?!」な、FEマウントと似たり寄ったりな状況ですので、今後の選択肢としては強力に作用しそうですが、当面の方針に影響なしですかぁ…重ね重ね、レンズをなんとしてくれorz

新しい24-70mmと噂される大口径望遠レンズ次第でしょうか…どっちも高いんだろうなぁ。

Leave a Comment.