今までありがとう、オリンパス【京都行きます!】

※内容無い割に無駄に長いです
※E-M1への愚痴入ります←

唐突ですが、11月下旬に紅葉の京都へ行く事になりました!2年ぶり、2回目ぇ…紅葉ちょい前も入れるなら3回目か。
と言う事で、京都撮影が楽しみだぜ!なのですがぁ…1つ、懸念材料があります…それは

持ってく機材をどうするか

です…えぇ。
 

 
※2年前に撮った清水夜景

 
と、

んなもん、今の機材以外ないだろ!

と言われそうですし、全くもってその通りなのですが、今の手持ち機材は、割と特殊と言うか、スナップとイベント撮影特化と言うか、とにかく風景的な京都の撮影には向かない状態だったりします。

んで、どう言う事かと言えば、まずE-M1は実質40-150mmF2.8運用カメラと成っております。
んで、この40-150mmF2.8はアホレンズ(褒め言葉)であり、私に『レンズで写真は変わる』『いいレンズで無くとも、いい写真は撮れるが、いい写真が撮れるチャンスには強く、本当に強く影響する(てか、ジャンルやシチュによっては高級レンズじゃないと撮れない”良い写真”は確実に存在します。腕うんぬんでは埋まりません)』と言う事を教えてくれた、魔のレンズなのですが、換算80-300mmは風景撮りには何の役にも立たないワケで、しかし、正直今のE-M1はこのレンズのお陰で使えてる様なもので、実際問題、兄弟レンズの12-40mmF2.8の写りは至って普通…X-T10と35mmF1.4の組み合わせには、当たり前ですが解像力、色乗り、ボケ味どれも勝てません(ちなみにE-M1と40-150mmの組み合わせなら、画角差やズームと単焦点の違いなどを加味すれば十分比較対象になると思います)。
てか、同じPROレンズなのに、40-150mmと12-40mmの性能差は何とかならんのかと…てぇ、12-40mmも十分良く写りますよ!前回の京都で使ったPanasonicの12-35mmF2.8より確実に良く写ります!ただ、"良く写る"だけなんですよねぇ…ひでぇ〜言いようですが←

また、センサーの性能差もE-M1とX-T10では如実で、どちらも十分よく撮れるのですが、高感度耐性は比べるまでもない程、E-M1は劣り、かつ、オリンパスのノイズリダクションはヘッタクソ。赤系色が色飽和しやすい感じがするのも常々気になってますし、そもそもオリの絵作り思想があんまり好きでは無かったりします…て、ならなんで使ってるのかって?道具としては出来いいんですよ、コレが。まぁ、買った当時は他に選択肢が無かった的な打算も多分にありますが←

んじゃ、X-T10で撮ればいいじゃん!となりますが、こちらは一番の広角が50mmと言う状況でして、やりようによってはぁ…ではありますが、しかし、流石に、その最広画角で京都乗り込むのはどうよ?って話になります。
ならX-T10に広角〜標準レンズ買えよ!となりますがぁ…

金はない!

カメラローン返済中ですorz

と成れば、打算で始まり、色々文句をいいつつも、使い易くはあり、AFの追随性も良く、かつ、40-150mmの写りに惚れて使ってきたオリンパス一式を売って何処かに行くかぁ?!となるわけです…今は割と選択肢ありますからね。
とは言え、本音を言えば、今のオリンパス一式だって、小さな不満は無数にありますが、大きな問題は無いわけで、きっかけ無ければこのままでもイイッちゃ良いのですが、紅葉の京都と言うのは、少なくとも私の中ではきっかけとして十分なものだったりするのです!ですよね!えぇ、そりゃそうです!←

さて、そうなると富士フイルムに統合が妥当な線ですが、ここで頭をもたげるのが

フルサイズへの憧れ

なワケです…えぇ。
そうなると、オールドレンズ遊びを覚えちゃった人間的にはソニーのα7IIが物凄く欲しくなるワケです!
ただ、そうなると完全にやり直しとなるワケで、広角〜標準(単焦点でも可。28mmか35mm?)と望遠(実質FE 80-200mmF4一択)と本体の同時購入が必須となります…さんじゅうまんえんコースですorz
無理です!オリンパス一式売っても20万が精々です…そして、ローンは組めませんorz

\(^o^)/

とか何とか皮算用を続けますと、やはり富士フイルム統合が最良かなと。
まぁ、AFには依然不安はあり、X-T10にしても、像面位相差エリアの食い付きはなかなかですが、そこから外れると途端に挙動不審になったりしまして、E-M1の「ヲマエ、実はコントラストAFだけでも仕事できるやろ?」的な安心感には遠く及びません。
富士フイルムの操作様式にも疑問なところが多々ありますし、X-T10のみもなんかかなぁ…と思ったりはします。

ここで救世主?秩序を乱す堕天使?な

コンタックス
Carl Zeiss Vario-Sonnar 80-200 F4

が登場したワケです!
てか、

MFでも割とイケるぞ!?

といった方が正しいのかな?
 


 
※試しにゾナーで撮ったゴールデンズ
 
いや、AFの方が確実にいいですよ!ステージもののダンスとかを、MF望遠で撮るなんてアホの所業です。
ただ、イイもの撮れてるのか?チャンス逃してるだけじゃないのか?とかツッコミどころはありますが、割と結果は出てたりしますし、何より撮ってる本人的に楽しかったりするワケで、本人幸せなら別段問題もなく、しばらく望遠はこれだけでも悪く無いかなぁ…とか思ってしまったわけです。

ならば心置きなく富士フイルム統合へ…あれ?ならα7でもいいんじゃね?

とかなんとか、再び選択肢が広がってぇ…で、はてさてどうしたものかと←

まぁ、オリンパス卒業は既定路線で、どこに行くかの話って事ですが、α7IIと標準ズームか、X-T10と標準・望遠ズームかでぇ…うーむ、悩む←

ただ、ソニーのツァイス名義のF4通し標準ズームはすこぶる評判が悪く、作例見てもまるで心に響かないあたり、作例見て「なんかよう写るレンズやなぁ〜」な富士フイルムのF2.8通し標準ズームを選んだ方がいいんだろうなぁ…てか、本当に、レンズを何とかしてくれ、ソニー!
三振か三塁打(たまにホームラン…ただし、年俸クソ高い助っ人外国人が打ってる)なメーカーのマウントなんか怖くて行けないorz
パナみたいに三振なし。ホームランも無いが、大体二塁〜三塁打で足でもイケるイチローみたいなメーカーになってorz
てか、シグマさん、FEマウントに来てください…AF効けばいいので、鉄の筒つけたのみたいのでもいいのでorz

とまぁ、まだひと月ありますし、楽しくノタウチ回りながら悩みたいと思いますw

Leave a Comment.