基本、ものの扱いは荒い人ですが【X-T10】

モノ持ちはいいものの、モノに執着したりせず、興味ある新しいモノには即飛び付く人種な、一二三です。
カメラは割と頻度に買い換えますが、服とかは10年ぐらい平気で着ます!←ダメじゃんw

さて、買ってからほぼ毎日持ち歩いているX-T10ですが、早々とカメラのハジ、金属外装の黒塗装がハゲ落ちてしまいました…って、

ちと耐久性なさ過ぎじゃない?>富士フィルム

とは言え、丁重に扱ってたわけでも無いですし、まぁ、自業自得と言えばその通りで致し方なかったりはします…えぇ。
 
 

 
んで、いつもならあんまり気にしないのですが、久々に新品で購入したカメラがひと月足らずでコレと言うのもなんか嫌だなぁ〜とか珍しく思いまして、修理?修繕かな、が出来ないかと思ったワケです。
ただ、この部分は金属なので、金属用を謳う油性ペンで塗ってもアッサリ、スレて色が落ちてしまいます…むむむ。
そんな時、ネットを調べて居たら、車用の修繕ペイントがいける!と言うのを見つけました。んで、これはいけるかも?!と思い早速購入してみたわけです。
 

 
品はsoft99の「99工房 キズペン」と言う商品なのですが、もの自体はほぼクレヨンと言った代物でして、見た瞬間「本当にコレでスレたりしても大丈夫なの?」とか思えちゃいましたが、モノは試しですので塗ってみます…が、

色がちと薄かったorz

失敗したぁ…濃い黒の方(私が買ったのはつや消し黒)にすれば良かったorz
ただ、「塗る」と言うよりは「盛る」って感じでして、重ね塗りするとそれっぽくなるかなと…えぇ、いくらか。
  
この写真は4度ほど塗って10日ほど使った状態です。やはり、少しハゲちゃってますねw
とは言え、なかなかに粘りますし、余りスレる事の無い側面は今のところいい感じですw

そんなこんなで、値段の割には効果はあるのかなとは思いました…マグネシウム系の合金やアルミは余り錆びたりしませんし、ここまでする必要も無いかもですが、金属に塗装はさび止含めて鉄則ですので、修繕しとくのは良いのかなと思いましたw

あ!もし真似される方いたら、X-T10のカラーを店頭でみて、自身のカメラがX-T10より黒く感じられたら、濃い目の色にした方がいいですよ!私が買った「つや消し」はイマイチ黒く無いですorz

Leave a Comment.