実を言いますと【X-T10な話】

最近、富士フィルムのX-T10が欲しいなと思っております…えぇ、X-T10。

 
たまにこのブログを見て頂けている方(居るのかな?)なら「散々酷評しといて買うのかよ!」って感じでしょうが、まぁ、理由は色々ありましてぇ

  • 最近スナップ撮影が増えてる
  • オリの40-150mmでスナップしてるが、やはり色々限界←
  • でも、オリの25mmF1.8はいいレンズだが、魔法はかかってないのでツマラナイ(40-150mmはハッとする絵を出す時あり)
  • サブ想定なので、できるだけ小さく軽いのがよく、魔法のかかった広角〜標準レンズは必須

などと考えると、どう考えても富士フィルムしか選択肢がないw
ソニーのα7(α7IIではない)も選択肢には入りますが、レンズが…レンズがぁ…。

で、この前、六本木の富士フィルムでX-T10と35mmと56mmを借りて撮り試しをしまして

まぁ、なんとか我慢して使えるレベルにはなったのかな

と感じたワケです…私はパナソニックのカメラでこの世界に入ったせいか、パナの流儀が一番なんですよね…えぇ。

まぁ、AF-Sはかなり使える感じになりましたが、AF-Cは相変わらず『誇大広告酷いだろ!ジャロに電話したろか!』レベルなのですが、それでも今までが酷すぎたせいもあり、改善はしていたなと。
まぁ、コントラストAFのみのGX7に負けてる時点(GX7は一度外しても復帰しようとちゃんと頑張るが、X-T10は一度外すと根性みせないw)で、富士フィルムのそこら辺の技術力は今だ2年は遅れてますね…像面位相差センサーが泣いてるぞ!

まぁ、買うかどうかは微妙な感じですが、このブログで散々酷評しといて買ったりしても、生暖かい目でご覧ください、はい←

Leave a Comment.