コスプレイヤーさんに贈る!おすすめカメラ話 [更新15/04/27]

前々からコミックマーケットでレイヤーさんを撮ったり、知り合いのコスプレ撮影したりしてるのですが、その際、休憩とかで必ず出る話題が

カメラが欲しいんだけど何がいいの?!

だったりします…今回はそんなお話です。

 

個人的コスプレイヤーさんカメラの必要条件?!注意点!?

※カメラ好き視点で、レイヤーさんが重視しそうな点を考察してみました
※個人的な好みが色濃く反映されています…ご意見無用←

 

やはり肌色だよね!

コスプレ撮影の場合、コスチュームや周辺のシチュも重要な要素なので、普通のポートレートよりは顔メイン(バストアップ)なカットは少ないと思いますが、それでもやはり『肌色の感じ』は重要です。
そう考えると『Canonと富士フィルム』がオススメです!

と、『写真の色』にはメーカー毎に個性があったりします。
んで、肌色が良く出るのは暖色系(赤系強め)な色使いの場合でして、そんな傾向なのが

Canon、富士フィルム、パナソニック

だと思います(富士フィルムは記憶色であって暖色系ってワケではない気もしますが)。
逆に肌色は苦手だけど、メリハリのある写真が撮りやすい寒色系(青系強め。現像しやすいとか言います)は

Nikon、OLYMPUS

かと思います…SONYは機種や時期によって違う印象なので、ここでは番外。
そう考えると、『Canon安パイ、派手さな富士フィルム』って感じですかね。
まぁ、富士フィルムは肌色と背景の草の緑を上手に両立してみせる、驚異の色表現力ですからぁ…この指標だと頭一つ抜けてる気はします、はい。

※寒色系だからポートレートが出来ないとか苦手とかは無いです。設定と撮り方でどうとでもなる範囲です。なので傾向と言うか、癖と言うか、目安程度に捉えてください。
※ここ1年のNikonは「黄緑色ぽい、抜けがイマイチな色」から脱却しつつあります…色作りの傾向変えたのかなぁ?

 

憧れで斬馬刀は振れません

「なんのこっちゃw」と言うタイトルですがぁ…いや、レイヤーさんとこの手の話をしていると、かなりの確率で

一眼レフ “の形をしたもの” が欲しいの!

って所に終始しちゃうもので…と、別に一眼レフの形を否定するわけじゃないですし、形に惚れ込んで買うのも大切ですから、一眼レフの形状に拘るのがダメ!と言うつもりは毛頭ありません。
ただ、一眼レフを買ったのに結局スマホで撮ってる方は多くて、まぁその辺は使い分けですので、両方持つ事はいいのですが、一眼レフで撮らない理由が「面倒くさい」「鞄の奥だから出せない」「重いから持ってこなかった」とかだと、「いや、それはアナタさぁ…」とモヤモヤしたものを感じずには居られません、はい。
なので、形に拘るのと同じぐらいに、自分の撮影スタイルや性格も加味して頂きたいなと…憧れの形では無いかも知れませんが、小太刀の方が合ってる事はありますし、意外と構えてみると様になったりしますよ!

 

マウント選びはオセロの要領で

よく、「どのメーカーがいいの?」と聞かれますが、その場合私は「周りでカメラ持ってる人はどこのメーカーが多いの?」と聞き返します。
と言いますか、カメラはレンズが命な分けで、故にカメラやってると「アレ撮りたいからコノレンズが欲しい!」とかなるワケで、撮りたいものが増えれば、それだけレンズも増えるわけです…が、コスチュームとかにお金がかかるレイヤーさんが、レンズに回すお金は当然に制限されるわけで、なので「分担して買う!」って分けじゃないですが、貸し合い出来ることは素晴らしいのです!てか、よく撮ってもらうカメラマンとかと合わせると、色々利用価値がぁ(ry
よって、周りが持っているメーカー(マウント)を選ぶ、または周りを巻き込む!と言う考え方は十分にアリだと思います。
まぁ、当然欲しいものを買うのが鉄則ですので、孤高の存在を目指すのもまた一興ですがw

 

大きさ重さと画質の微妙な関係

画質命!なのは当然だと思います。
特にレイヤーさんは『作品を撮りたい』と思われてる方が多いですので、そうなるのは頷けます。
ただ、それで無くとも荷物の多いレイヤーさんが、カメラやレンズを更に増やすのは至難の技なわけで、それこそカメラを持ち込む為にコスチュームに制約かかったら本末転倒もいいところです。
それに、カメラはレンズあっての代物でして、故にレンズに妥協は出来ないわけですが、レンズはカメラほど小型化できないので、単純に「高画質=大きなセンサー(フルサイズとか)」に則ってカメラ本体を選ぶと、レンズの大型化が進む傾向にあり(センサーが大きくなると必然的にレンズも大きくなります)、更にポートレート向きの大口径レンズ(太くて明るいレンズ。よくボケます)とかは、それでなくてもデカくなるので、『高画質(フルサイズセンサー)カメラに負けないポートレート向きのレンズ』とかになると、化け物じみたサイズのレンズになっていきます…高画質とそれに見合うレンズの組み合わせは生半可な覚悟では持てませんorz
なので、ここはスッパリとフルサイズは諦めてぇ…とまでは言いませんが、迷ったら小さい方!は正義だと力説しておきたいと思います。
と言いますか、どんなにカメラ本体が良くても、キットレンズじゃねぇ…それなら高いコンデジ買った方が余程マシだったりしますので…いや、本当に。

 

AF(オートフォーカス)は大事だが、もはや決定打ではない

写真を撮る上で、ピントが合うかは死活問題です。特にポートレートの場合、顔(瞳)にピントがいってるかはマジマジ見ると結構な差となって現れます。ただ、『静止したものを撮る』ことに限定すれば、不満になる様な機種は、もうこの世に存在しないと思って問題ないと思います。
まぁ、動体…飛行機とか走る犬とかダンスする人とかは、メーカーや機構(レフ機かミラーレス機か)に左右されますし、まだまだ改良・進歩の余地はあり、各社しのぎを削ってる分けですが、静止物を慌てず騒がず撮れるポートレート的なコス撮りにおいては、最悪マニュアルでフォーカス合わせでもいけますし、そこまでシビアに考える必要はありません。てか、そこを注視するぐらいなら、シッカリ脇を締めて、片膝ついてガッチリ構えて撮れ!ってな話です…そちらの方が余程写真の出来栄えに影響与えます。
まぁ当然、AFがいいに越したことはありませんけどね…とは言え、AF性能は大きさ重さに影響与えますから、ケースバイケースとお考え下さい。

 

最後の手段!自撮り!

運悪く、カメラマンさんが見つからないことはままあります。そうなれば自撮り(取り合い)となるわけですが、この自撮りが難しい。
手で持って撮れるならまだしも、三脚立てて、構図決めて、顔作って、ポーズ取ってぇ…とかやるわけですから、一筋縄ではいきません。
ただ、最近は『WiFi内蔵カメラ』と言うものが普及しており、それを使うと今カメラに写っている状態を手元のスマホで確認でき、各種設定も変更出来る上に、シャッターまで押せてしまいます。
なので、打ち合わせして、タイマー設定して、シャッター押して、走って入るぅ…なんて事をする必要はなく、それこそ画面を見ながら納得するまであーだこーだとやれます。
E-PL7_img_02._SL300_

あと、液晶がほぼ前方向まで向いてくれる機種もありまして、こちらは手間無く無理無く目線の取れた自撮りが撮れるので、これはこれで便利かつ重要な要素かと思われます。
clipimage_04

 

レンズ予算も想定しましょう

カメラ本体に付いてくるキットレンズはあくまで入口に過ぎません。特にポートレート撮影の場合は、背景をボカして、被写体(レイヤー)を際立たせるのが大切なわけで、そうなると『大口径な中望遠(“F値が小さいレンズ”、”被写体との距離が取れるレンズ”だと背景が良くボケます)』は武器になります!
んで、俗に言う撒き餌レンズと言われる『換算50mm F1.8』レンズは各社が比較的お安く出しているので、これは必須ですね。あとは換算60〜120mm辺りで比較的明るい(F値の小さい)レンズ、または広角(換算20mm前後)レンズがあると更に作品の幅は広がります。
と、女性は広角を好まれる方が多い気がしますねぇ…なんでだろ?

 

で、なにがいいのよ?

以上の話から

  • 肌色は綺麗に
  • 小さく軽い
  • 必ずしもAF性能は追わない
  • レンズに選択肢がある

で考えると以下機種かなと。

 

Canon EOS kiss7(7iで無い方)

ほぼパーフェクト!
『一眼レフ!』な見た目に拘られるレイヤーさんのお眼鏡にも叶うかと。その上、小さく軽く、かつ、女性人気の高いホワイトモデルもあります!
まぁ、性能的には一昔前感もありますが、レフ機ですので動き物も不安なく、AFも実績あるので信頼できます。
ただし、WiFi非対応で、液晶も固定なので、自撮りは絶望的ですね…。

※生産終了との事で、在庫限りに成りそうです

 

富士フィルム X-M1

安い!小さい!写りいい!
一眼レフな形に拘らず、メーカーも気にしないなら、現状最もレイヤーさんに合う機種はコレだと思います。
まぁ、少々AFに不安なところがありますし、スマホによる撮影が現状出来ないので、自撮りが面倒に成りますが、色、画質、取り回しの良さが高いレベルでまとまってます。あと富士フィルムはレンズにハズレがなく、単焦点レンズは価格に対して凄く良く写る!
富士フィルムの35mmレンズとか買って、知り合いのレイヤーさんのバストアップを花畑バックとかで撮ったら、機械任せでも満足出来るのが撮れると思います、はい。
問題は余り使ってる人が居ないってところですかね…あと見た目、質感がイマイチですかね。

 

パナソニック GM1

とにかく小さい!レンズも小さい!
GM1向けの小型レンズ2本を込みで考えても圧倒的な小ささ!軽さ!てか、ポーチに全部入れて持ち歩くのも余裕です!
なので、カバンはコスチュームでぎゅうぎゅう!でも、いつもより大きめな肩掛けカバンに、財布とスマホとカメラ一式を入れて持ち歩く!も無理なく実現出来ます。
写りもいいし、WiFiによるスマホ撮影にも対応してますし、マイクロフォーサーズの豊富なレンズ群もあるので、後々鳥や飛行機みたいな特殊なものを撮りたくなっても対応出来ます!てか、ライカ名義の15mmレンズを付ければ「この大きさでココまで撮れるの!?」と驚くこと受け合いです…結構コッテリ調な絵をだすレンズですから、コス撮りには向くかもですね。
ただ、小さ過ぎてホールディング性は微妙かなぁ…女性の小さな手なら問題ないのかな?
あと見た目が完全にコンデジなので、この辺をどう考えるかですね…中身は良いのですが…。

 

パナソニック GF7

2月13日発売の新型機であり、上記で扱ったGM1的なコンセプトの普及帯のカメラです。
んで、キットとして付いているレンズ二本がGM系やGF7の小ささに合わせた小型レンズで、写りと良い!その上、二本で換算24mm~200mmをカバーでき、ほぼ困ることのない環境をいきなり整えられます。
自撮り対応も進んでおり、レイヤーさんの要求にも合う機種だと思います。
すでに場所によっては7万を切る値段になってるので、見た目や質感などに拘らないなら、かなりお勧めな機種です。

 

OLYMPUS E-PL7

自撮り対応ナンバーワン!総合性能も一番!
ただし、性能や製品のランクからするとちとお値段高めですかね…あまり値段が落ちない。
それでも、マイクロフォーサーズの豊富なレンズ群が使えますし、本体もレンズも十分小さく、特に不満は出ないであろう機種です。
問題があるとすればやはり見た目ですかね。『一眼レフ!』って形ではないですから。あとメニュー関係がとにかく分かりづらく、カスタムなどもほぼ出来ない…オリンパス機全てに言える問題ですがorz

 

OLYMPUS E-PL6

上記のE-PL7の前機種です。
性能的にはそこまで大きな変化はなく、値段を考えるとオススメかなと思います。

 

SONY α7

小さい!軽い!フルサイズ!
画質に不安はなく、かつ、フルサイズのくせに今回取り上げた他機種と比べても見劣りしない小ささです。
ただし、AFは静止したものでも不安になるレベルでしてぇ…ポートレートならなんとかなるのかなぁ?←
あと、レンズはお値段高めでデカめですね…まぁ、この辺はフルサイズ故に仕方がないところですが。
それでも本機に35mm辺りの単焦点レンズを付けてれば大概のコス撮りでは、それなりに満足いく画質は得られると思います。よくボケますしねw
ちなみにα7が普及機(中古なら10万ちょいで買える格安フルサイズw)、α7Rが高画素機(全メーカー中でも1、2のきめ細かさ)、α7sが高感度機(かなり暗くても普通に撮れ、夜景のコス撮影も難無くこなす)です。
ただし、このカメラはSONYお得意の『とりあえず作ってみたw』な代物なので、買うと後で色々苦労するかも…レンズも揃ってないですし。

 

総評

『コスチュームの持ち歩きの邪魔をせず、写りもよく、最悪自撮りも出来る!』
とかを考えれば、やはりOLYMPUS E-PL7がオススメですかね。まぁ、見た目の好き好みは出そうですが、自分のカメラは非常(自撮り)用&趣味用と割り切るなら最高のカメラだと思います。日常、女性がぶら下げて街を歩いても様になる見た目ですし、ホワイトカラーもありますしね。

次は富士フィルム X-M1!自撮り使用は少々厳しいですが、色と写りは文句無しです!ただ、デザインが野暮ったいですし、触れば分かりますが、プラスチック感がパナいですorz

次がCanon kiss7。こちらは一眼レフな見た目、基本性能の高さから来る撮影シチュを問わないオールラウンダー性が良いですね。ただ、他がナンダカンダでWiFiを搭載し、自撮り対策あるのに、全くそう言う機能がないのが考え方次第ですが…。

ちなみに個人的なオススメはパナソニック GF7です!やはり小さいは正義!であり、小さなレンズ二本も付いてこのお値段は素晴らしいと思います!

 

最後に

と、当たり前、かつ、忘れられがちなのが、

買っても撮らなきゃ下手なまま!

と言う現実です…これは本当に真理です。
と言いますか、ハッキリ言って下手な人がいいカメラ持ってもイイのは撮れません!
実際、コンデジでもプロが使えば、下手な人がフルサイズ機で撮ったモノより、上手い写真を”簡単”に撮るものです…過去に撮った枚数からくる経験の差は、それ程大きな差を生むのです。

んで、撮る対象はなんでもいいです!猫でも犬でも風景でも料理や小物でも。それこそ家でコスの試し着を撮るのも良いです!
とにかく、休みの日はカメラは持ち歩き、気になったら撮る!ぐらいな意気込みがいります…まぁ、常に持ち歩くって言うのが機種によっては難点といえば難点なのですが。
そして、

撮ったら必ず見返して下さい

ボーと眺めるだけでいいです。で、いいなぁ…と個人的に思うものを数枚見つけてブログとかに上げましょう!大丈夫!だれも下手だなんていいませんて!

この見返して、自分なりに良いのを探すのは上達の近道です!いや、本当に!
撮影時の設定ミスや「こう撮ればよかったorz」が分かりますので。

 
と言うことで、自身のお気に入りのカメラを手に入れて、素敵なカメラライフを始めてみてください!!

Leave a Comment.