ただの廉価版は要らないと思うが【X-T10?】

富士フイルムX-T1の廉価バージョンX-T10が登場する?
http://digicame-info.com/2015/02/x-t1x-t10.html

確かに、今までの単焦点レンズ使用を前提とした箱型カメラでは、望遠ズームを取り付けるには役不足ですし、ソレ用のシリーズを高級機と普及機、二段階ぐらいで準備するのは順当だとは思います。
とは言え、X-T1が十分満足いくホールド感があるかと言えば全然無いわけで、形状そのまま機能削減しただけの、単なる廉価機ならX-M1の二の舞になるだけでしょうねぇ…その辺のサジ加減が下手っぴですよね、富士フィルムは←

てか、どうせ出すなら、グリップをちゃんと付けて、X30ぐらいのEVFをつけつつ、他はX-A2を流用し、モードセレクトとダブルダイヤル方式のインターフェースを採用しながら、出来るだけ小さくしたカメラが妥当かと思いますけどね。
その上で、X-T2はソノ形状を取り入れつつ、高級な作りと防塵防滴!って流れがいいなw

まぁ、最近迷走気味な富士フィルムですから、また斜め上な、X-M1とX-A1みたいな素人目にも失敗確実なラインナップを出してくるんでしょうねぇ…それに最大の難点であるAFのダメさ加減を何とかするのが最優先課題だと思いますし。X-T1のAFで、やっと3年前のパナソニックGX1並になったかな?ってレベルですからねぇ…正直お話にならない。

まぉ、少なくともメインシステムを富士フィルムに移す可能性は無くなったので、どうでもイイ話ではあるのですが←

Leave a Comment.