あるような、ないような

最近のm4/3でフルサイズ一眼に対抗出来るレベルのカメラってある?
http://kashasoku.doorblog.jp/archives/41273330.html

スレ上では「APS行け!」で結論って感じですか…まぁ、星撮りにm4/3は向きませんよね。
星撮りは高感度耐性重要だし、広角いるし、三脚前提だから軽いとか小さいとかは利点にならないし。被写体深度深い利点はあれど、わざわざm4/3で撮る必要は無いですよねorz

ただ、フルサイズも数度使った事ありますし、手元にフルサイズで撮った写真データもありますが、正直、等倍で見ない限り、劣る感じはないですね。
当然、ボケ度合いは逆立ちしても勝てないわけで、実際ボケの段階は明らかに狭く、作品的写真を撮る場合の、自由度と言うか、表現の幅が段違いなのは否めません。それに高感度耐性やダイナミックレンジも違いますから、同等とはなかなか言いづらいですが、それでも晴れな環境なら、普通な写真(当たり障りのない仕事写真含む)に求められる画質と言う意味では並べても分からないくらいには遜色無いかと。
てか、E-M1+12-40mm F2.8の組み合わせは、廉価フルサイズ(4、5年前のフルサイズ)機に標準ズームレンズを付けた場合より確実に上です!
…ま、逆の言い方をすれば、m4/3の最上位機種が、フルサイズの下位(型落ち)機に競り勝つ程度って事ですが…。
…ミドルレンジ辺りのフルサイズ(D750?)と単焦点レンズを持ち出されたら、撮影シチュにもよりますが、純粋な画質勝負ではオリンパスの75mmレンズ持ち出しても勝つのは難しいって事ですが…。

まぁ、絶妙に深い被写体深度もあって、解放気味にしてもポートレートとか撮れたりしますし、特性分かっていれば、高い機動性を持ち、神経質にならなくても綺麗に撮れる、非常に良くまとまったシステムだと思いますがw

…ま、いずれm4/3を捨てて、フルサイズ行くのは確実なんですが←

やはり、何処まで行っても『一眼のサブ』の呪いは解けないんですよねぇ…いっそ、マウントそのままで、APSとフルサイズの間に新たなセンサーサイズ作った方がいいと思いますがね。
と言いますか、少なくともニコキャノンは2つのセンサーサイズを頑張って維持して、明確な棲み分けを作ってるわけですし、m4/3サイズのみでプロまでカバーしようとするのが、そもそもムシが良すぎるわけですし…。
ソレに近い事が出来ない限り『永遠のスーパーサブ』なのでしょう…。

あ!フルサイズに逝っても、手持ち換算600mmの魅力は死守しますが…NIKON1がISO1600全然イケる様に成れば、手持ち800mmの魅力に転びそうですけどorz

Leave a Comment.