こける(真顔 【α9の噂?】

ソニーα9のスペックに関する噂が掲載
http://digicame-info.com/2014/12/9-8.html

α7が売れた理由は

フルサイズとは思えない大きさと値段(小さいは付加価値!な価値観込み)

によるお値打ち感が最大の要因な分けで、実際、ベータ版?ぐらいな低い完成度。レンズ揃ってない。プロ向けと言う意味では何も実績無い。α6000辺りのAFでやっと入口なのに明らかに劣るAF性能。などなどが実情なワケで、誤解を恐れずに言えば

カメラとして優れていたから売れたわけではない

と言うのが正直なところかと…お約束のSONY開発陣による勘違い発動です!<コラコラ
てか、たまたま上手く行っただけの製品に対して、ラインナップを無駄に増やして自滅するのが、この会社の伝統芸ですからねぇ…いい加減学習しろよ←

と言うかハッキリ言って

α一桁に30万出す奴は居ない!※ガジェッター除くw

てか、その価格帯を買う層に小型である事は利点として働かないし、むしろ撮りが良いなら大きく重いものを選ぶ様な人々が相手になるわけで、更になによりも実績とレンズが全て!な層なのに、それらを積み重ねもしないで本体だけ出しても…似た層を狙ってるって意味なら富士フィルムだって居るわけだし。

なので、あと二年ぐらいの下積みぃ…してる余裕が今のSONYには無いのか…ならハイエンドに入り込むなんて無理って事じゃないかと。
と言うか、今やるべき事は、レンズを物凄い勢いで増やす!

『新提案!レンズを作らない”なんちゃって”カメラメーカー!それがソニー!』

の汚名を挽回する事が絶対命題だと思いますが…オールドレンズ頼みは見苦しいぞと。
てか、実際問題として、個人的に安くなったα7が地味に欲しいのですが、欲しいレンズが全く無く、かつ今後本当に増えるの?つーか、いいレンズがちゃんと出せるの?ソニーに?と疑問符ばかりが付いてしまい一歩が踏み出せないのが現状です…。
だから、レンズ拡充を物凄い勢いで進めて欲しいし、その為には小型に価値を見出す層が買える、比較的低価格なカメラを出して裾野を広げ、そこそこな写りの安めなレンズを作り、売る!
イキナリ小三元を出したのは評価に値しますが、その後がイマイチ続いてこないのはダメだろうと。

本当に、この分かりきった失敗続けて、売れなくて当然なのに逆ギレ、縮小と成らない事を切に祈ります…この流れもこの会社のお家芸ですよねぇ←
てか、α7シリーズ以上の上位機種なんて出してる余裕なんてないだろうと!

まぁ、中身α7ⅱで、4Dフォーカスを入れた、ミニ一眼スタイルのミラーレス機を、上位に入れると言うなら理解も出来ますが…α二桁にトドメを刺す様な機種は出せないか。

Leave a Comment.