そもそも売れると思ってたのかと【X-M1・X-A1】

富士フイルムはXシリーズのエントリーモデルを廃止してアクションカメラに注力する?
http://digicame-info.com/2014/12/x-12.html

中身は上位機種とほぼ同じで、お値段半額以下とお買い得な部分はあったと思いますが、富士フィルムを積極的に選びそうな、コアユーザーを

なめてるのかぁ?

ぐらいな外装のチャチさと、中途半端な小型化しか出来なかったのに、今の富士フィルムを支えている層の支持を得れると思ってたのか?他社と比べてもイマイチ垢抜けない、質感も劣るこの機種で、初心者層を取り込めると思ったのか?
と本気で開発陣と経営陣に問いたく成りますよねぇ…コウナルのは火を見るより明らかだろうに。
そもそも、Mのみなら理解も出来たのですが、センサーだけ変えたAを出した時点で「こいつら商才ないなぁ」と本気で思いましたしね…素人以下。ま、富士フィルムってそう言う会社だとは思いますけども←

で、こんな自滅的でやる前から負けが見えてた戦略で、エントリーモデルから撤退なら、逆ギレにも程がある酷い判断だと!
売れるわけないもの勝手に売って、売れないと止めるとか…ソニーかよ!<コラコラ)

それにマウント業で、入門機を切り捨てるのは、間違えなく自殺行為な分けで、すでに持っているユーザーだけでやっていける、その人達を当てにした収入だけで成立する会社規模にする!と言うなら話は別ですが、間違えなく5年もしないうちに立ちゆかなく成りますよ…。

やはり、経営陣は”社名の為だけ”にカメラ事業をやってるつもりなんですかねぇ…ゆるやかに殺していきたいみたいな<コラコラw)

 

まぁ、流石に噂で終わりで、X-M2あたりは出るでしょうけど、こう言う噂が流れちゃう辺り、どうなんだろうとか思っちゃいますね…えぇ。

Leave a Comment.