OM-D、次の一手は?

オリンパスが1月に“エキサイティング”な真のOMデジタルカメラを出す!?
http://www.dmaniax.com/2014/11/05/new-omd-exciting/

噂としては来年2月のCP+辺りに!って感じなんですかね。

んで、今まで見た噂だと、横式シャッターの小型機だとか、積層センサーだとか、まぁ色々見ましたが…何となく今回の話は、幾つかの噂が混じっちゃってる感じが個人的にしますね。

いや、前に特許が出ているオリンパス式レンズカメラ&この前のフォトキナで参考出品されたオープンプラットフォーム(ユニット方式?)カメラを合わせた、CASIOの分離式カメラ的なものと、単なるE-M5の後継機の話が混じっちゃってる…みたいな?

と、個人的に今のオリンパスはブランド名を重視するメーカーだと思ってますし、まぁ、OM自体は冒険の歴史的機種ですが、OM-Dに関しては既にカタチは完成されてますから、このブランド上で斜め上で、冒険心満々な機種はやらないぃ…やれないのではないかと…。
てか、E-M10と言う『5軸手ブレ入れてE-M5sとして売ればマーケティング的にスマートなのに、機能削減までしてなんでE-M5と併売?』な素敵な下位機種がありますし、そもそもOM-Dラインに3機種もいる?と言う根本的な話もありますしぃ…と、3機種展開のブランドで、真ん中だけ明らかに形が違うとか、それは幾ら何でもダメでしょw
なので、E-M10が無ければ『正道はM1である!』として、M5はぶっ飛べたろうになぁ〜と…なんかミステイク←

そう考えて、E-M1の存在も加味しつつ、今の市場トレンドも考えれば、『オリンパス版GH4(4k動画特化カメラ)』と見るのが妥当で、それと同時に、ユニット化された特殊な形態を持つ、別のブランド名を持つエキサイティングなカメラが出る…とかじゃないですかね?

積層センサーは色々問題ありますし、製造難易度以外特にマイナスのない有機フィルムをE-M1に先んじてぇ…は色々無理でしょうし、そうなるとこの辺がよい落とし所な気がします…

分かんないですけどねw

Leave a Comment.