E-M1のファームが上がるとかなんとか

どうやら、今までのE-M1は本気ではなかったようです<こらこら)

とは言え

4Kは無理だってw

と、画像処理的な意味では、4Kでのエンコードぐらいはやれそうな気はしますが、4K撮影最大のネックであるセンサーの発熱を、センサーが完全に宙ぶらりんに成ってる、5軸手ブレなE-M1でどうにか出来るわけがない。
昔懐かしい撮影時間制限、または但し書きで『発熱で録画が停止する場合があります(実質、10分程度しか撮影できませんの意)』となるのが関の山かなと…要るのかなぁ←
またはタイムラプス的な感じになるんですかね。

とはいえ、ハイエンド機に大幅テコ入れで、あと一年戦えるようにしよう!と言う意気込みは多いに買いますし、富士フィルムのPro1的な、新たなカメラサイクルの模索にも繋がる、大きな一歩ではあると思います。
てか、いちE-M1持ちとしては、ただただありがたやぁ〜。例えションボリな制約あっても4K乗る事に異論なんて御座いません…使わないけど<動画自体、仕事で数回撮っただけw)

てか、是非ともライブコンポジットの搭載を!てか、シリーズでは一番ローエンド機にあって、倍近く高いハイエンド機に無いのは勘弁ですorz
それもあと一年は売る気ならそんな下克上は止めて下さいorz

しかし、色々瀬戸際オリンパスさんも、模索中なんですかねぇ…富士フィルムは正しかったんだ←

Leave a Comment.